エール学院学習塾は完全1対1の個別指導です。

エールNEWS

合格体験記 籠原北校 4生徒

塾で知り合ったお友達と協力して受験を乗り越えた籠原北校の4名の生徒にお話を伺います。

 

Q.入塾したタイミングはみなさん別々なんですね?

加治さんの入塾が小6の3月くらいなので、一番最初に入塾しました。
若林さんがそのあとですね。ほぼ同じくらいです。

しばらくは塾に来る時間がかぶっていなかったので話す機会はありませんでした。

野村さんと高月さんは受験生になってから。中3の夏期講習から入りました。

 

Q.みなさんそれぞれ入塾前からのお友達ではなかったのですね?
 いつごろから仲良くなったのですか?

夏休みの終わりくらいから仲良くなりました。
エールでやっている「かきごおりイベント」などで仲良くなりました。

共通の話題として 講師の先生のことを話したりしてましたね。

中3の夏以降は、ほぼ毎日みんなで自習にきていました。
学校がない日は14時から22時まで校舎にいました
来る時間はそれぞれバラバラでも、遅くても17時にはみんな揃ってました。

 

Q.仲がよくなりすぎて集中できないことはなかったですか?

集中するときはすごい集中して、みんな疲れてきたころになるとおしゃべりをするのがいい気分転換になりました。
勉強の相談もしたり、点数を見せあったりもしました。

教えあったりもして、自分も理解できるし、相手も理解が深まるので良かったと思います。
なにより楽しかったですね(笑)
社会の問題を出し合ったりしました。

 

Q.つらい時期はありましたか?

年末から年明けくらいに。「どこを受けたらいいか」わからなくなってしまったことがありました。

塾に来て、みんなと話してすっきりしたことを覚えてます。
「いっしょの高校にいこうよ」って言ってくれたのがうれしかったです。

 

Q.エールがでよかったと思うところはどんなところですか?

友達ができた ことですね。

あとは、話しやすい先生が多いです。
勉強の相談もあるし、ふつうの会話もしてくれます。

テストの前日とかは、不安な気持ちを聞いてもらいました。

 

Q.高校入ってがんばりたいことはなんですか?

友達をたくさん作りたいです。
あとは赤点をとらないように(笑)勉強もがんばりたいです。

 

Q.次の受験生、後輩にアドバイスがあれば

とにかく「勉強は、しっかりやっていたほうがいい」です
まず11、12月くらいに焦りがきます。そして2月の公立高校入試前が一番焦って「やっておけばよかったなぁ」と感じました。

塾に友達ができるとなんでも相談ができたのがよかった
友達と通うといいことがあるよ!

 

(先生から)

4人は先生に質問するのが上手でしたね。
そのときいる先生に何を聞いたら教えてくれのか、うまく先生を使い分けている感じでした(笑)

最初に北辰を受けたときから比べるとみんな合格判定があがってます。

おしゃべりも多かったけど、友達がいることでたくさん塾に来てくれたのがよかったです。
天気が悪くてもみんなきてくれてました。

 

友だちと刺激しあって、いい環境で受験勉強ができたようですね!

高校に行っても仲良くがんばってくださいね!

 

 

 


2020/5/11 月曜日  |  カテゴリー:生徒の声・体験談
このページの先頭へ