エール学院学習塾は完全1対1の個別指導です。

エールNEWS

合格体験記 本庄早稲田校 渡辺悠太郎さん

Q.エールに入塾したきっかけを教えてください。

中1の2学期の終わりに校門の所でチラシを貰いました。当時塾に行っていなくて
学校以外では全く勉強していなかったので、塾に行ったほうがいいのかな~と思っていた。
家に帰りお母さんにチラシを見せたら早速問合せして面談の日を決めました。

Q.入塾後は何を勉強しましたか?

英語と数学でマンツーマン週1回と確認テスト週1回で通っていました。
中3になってからは英語と数学をそれぞれ80分のマンツーマン週2回と確認テスト週1回、
授業が入っていない日は自習でほぼ毎日エールに来ていた。

Q.進路を決めるまでのことを聞かせてください。

7つ上の兄が熊谷高校に行っていたので、小3の時に文化祭を見に行って
学校の雰囲気が気に入りました。生徒はみんなフレンドリーで楽しそうで。
球技大会やその他のイベントも沢山あって楽しそうだなと。また進学実績などもいいので、
熊谷高校に行きたいっていうのはずっと思っていました。

Q.エールが役に立ったことは?

自分のペースで勉強ができた。
英語・数学とそれぞれ担当の先生で教えてもらえ、
マンツーマンなので解らないところは直ぐに聞けたから良かった。
それぞれの先生との相性も良かった。

Q.後輩へアドバイスするとすれば?

内申もすごく大事なので、1年生の時から気を抜かないで!
自分は2年生まで勉強量が少なかった、3年生になってから毎日エールに通い
勉強量を増やした。きっかけはエールの先生に言われたから。
そして1・2年の復習も十分にできた。

Q.高校に入って何をしたいですか?

部活にも入り、勉強と部活の両立をしたい。国立大学に行って、教員とか
公務員になりたい。まだ漠然とですが。

Q.(先生へ)学習の様子はどうでしたか?

先生(英語担当):集中力だ高く間違いも少なかった。とても真面目で
オンオフの切り替えもできていましたね。
理解力があるので本人主体で授業を進めていました。

先生(数学担当):家庭での学習量は他の受験生と比べるとやや少なめでしたが、
塾に来ている時は集中して多くの問題を解いていました。演習メインで、
とにかく多くの問題を集中して解いていた。講師が指導する時間よりも
生徒が演習する時間の方が長く、質問の内容はポイントをおさえたものだった。
1月には3年生の内容を終わらせ、それ以降は入試問題演習を行いました。
47都道府県入試の問題を全て解くことで応用力を磨いた。
応用問題では、本人に解き方・考え方を説明してもらい、様々な角度から
アプローチできる事を確認しました。そのあたりで『短時間で正確に解ける技』も
いくつか身につけましたよ。

渡辺くん、先生方、ありがとうございました★

あこがれの高校生活を楽しみながら、次は大学受験に向けて頑張ってくださいね。

エールスタッフ一同、これからも応援しています!


2020/5/1 金曜日  |  カテゴリー:生徒の声・体験談
このページの先頭へ