エール学院学習塾は完全1対1の個別指導です。

エールNEWS

合格体験記 鴻巣校・北本校 M.Gさん

Q.入塾のころのことを聞かせてください。いつ頃入塾しましたか?

中学2年生の春に鴻巣校へ入塾しました。

Q.他の塾は通ってた?

通ってましたが、辞めることになり、しばらくは通っていませんでした。
そんな時、母が見覚えのあるチラシを持ってきて「ここどう?」と勧めてくれました。

Q.以前通っていた塾となにか違った?

(エールの学習面談で)話を聞いていいなと思いました。
前の塾(個別指導)はうるさかったり、中には勉強に集中できていない人たちもいました。友達と話すための場所になってしまっていました。

Q.勉強で困っていたところはありましたか?

何を勉強したらいいのかがかわからず、困っていました。
自分はできてると思っていても、テストでやったら全然できていませんでした。

(エールでの)最初の先生が圧がすごくて、
「1週間で覚えてきて。テストするから」って。
毎週自習の時間を決めて。それで塾に通う習慣ができました。
私の場合、ぐいぐいひっぱってもらったのがよかったと思います。

Q。部活は?

バスケ部です。どちらかというと部活優先でした。

Q.入ってからどうでした?

中学2年生の夏に(エール)会場テスト模擬ではじめて偏差値を見ました。
国語がひどくて。それが悔しかった。
やばいと思ったんですけど、そのときは国語は嫌いなのでやりませんでした。

Q.3年になってかわった?

北本校の受験特訓(選抜クラス)に入りました。
(週1回は鴻巣校でマンツーマン授業)

Q.(鴻巣から通うのは)きつくなかった?

最初はきつかったけど慣れました(笑)

夏期講習からは(選抜クラスの友達ができて)楽しくなりました。
休み時間にはお友達としゃべれるようになって、自習にも積極的に行きたいと思うようになりました。

Q.自習でしゃべっちゃったりしなかった?

みんなまじめだったので(笑)

先生:時間をくぎってそれぞれの席でやっていたので大丈夫。食事の時間や休憩時間にわいわいやっていたね。

Q.中3になってつらかった時期ってあった?

北辰の偏差値がどんどん下がってしまった時期がありました。その時は辛かったです。

先生:伸び悩んでいたね。空回りしてた。本番でのミス、落ち着いたらできるじゃん、ていうのが多かった。

Q.どう乗り越えた?

12月まで伸び悩みましたが、私立高校の入試をはさんで、粘り強く学習する習慣ができてからは乗り越えられた実感がありました。

先生:目標に向かって火が付いたのはそのくらい。
負けず嫌いだもんね(笑)

友達がのびてるのにやばいなって、あせっていました。

Q.志望校はいつごろ決めましたか?

秋頃はまだ学校選択問題を実施している学校を受けるか迷っていました。
そのころは熊谷西高校に行けると思っていなかったので私立高校に行きたいと思っていました。
面談で学力関係なく行きたいところは?って聞かれて熊西と伝えました。

Q.エールの良かったところは?
先生と気軽に話しかけやすい関係を築けたことです。自習の時も、わからないところがあれば、丁寧に教えてくれました。

Q.高校でやりたいことは?

英語ですかね。
将来は学校の先生になりたいと思っています。数学の。

Q.数学なの?英語じゃなくて?

(公立入試での)英語の点数がやばかったので。ちょっとやらないとな、と(笑)。思っています。
小学校の先生もいいな。全教科やらないとですね。

先生:苦手な英語をやろうなんてえらい!

Q.先生から見て後藤さんはどうですか?

先生:エールの良い使い方をしてましたね。
自分に合った自習の場所はどこだろうと考えて、北本校の自習室を選んだんだよね。鴻巣校(の自習スペース)はオープンなんですよ。高校生専用教室があり落ち着いていて、先生に質問しやすい北本校の自習室がMちゃんには合ってたのだと思います。

静かすぎたりうるさすぎたりするのが嫌なので。

先生:まじめだからね(笑)

 

Mさん、先生、ありがとうございました!

高校生活も充実したものになると良いですね★

エール学院スタッフ一同応援しております!


2020/4/22 水曜日  |  カテゴリー:生徒の声・体験談
このページの先頭へ