エール学院学習塾は完全1対1の個別指導です。

エールNEWS

家庭背景と子どもの学力等の関係2

家庭背景と子どもの学力等の関係2

2. 世帯年収と子どもの学力

マスコミが報じたように「世帯年収が高いほど学力は高い」と考えて

差し支えありません。

特に、国語・算数ともAが知識・技能といった基本分野、Bが読解・表現・思考といった

応用分野の出題にもかかわらず、世帯年収の上昇とともに正答率が上昇するのは同じです。

基本分野も応用分野も、年収の高い世帯ほど力がついている、という結論になります。

全体の平均正答率は国算・ABの別なく「600万~700万円未満」

に相当する水準でしたが、「1500万円以上」の正答率は「200万円未満」の正答率より

同様に国算・ABの別なく約20ポイントずつ高くなっています。

そこでそれぞれの正答率を偏差値に換算しました。

 平均偏差値   国語A  国語B    算数A  算数B
 
 1500万円以上   55.3   55.2  57.0  56.1
 200万円未満   46.8  47.0  46.9  46.2

表のように年収1500万円以上の正答率は国算・ABとも55~57、

200万円未満は46~47となりました。

「年収1500万円以上の子どもの平均偏差値は55~57、200万円未満の平均偏差値は46~47」、

ということになります。

算数Aが最大で、10.1ポイントの差がつきました。

世帯年収で100万円の差がつくのは、(特に所得があまり高くなければ)

家計の観点からはかなり大きな違いですが、

「400万円~500万円未満」の家庭は貯蓄その他を切り詰めて、

せめて子どもの生活実態に直接かかわる支出は「500万~600万円未満」

の家庭と大差ない水準を確保しているのかもしれませんし、

逆に言えば「500万~600万円未満」の家庭は、

子どもの生活実態に直接かかわる支出は「400万円~500万円未満」の家庭と同水準で、

年収の多い分を別の支出に回している、との見方もできるかもしれません。

「800万~900万円未満と900万円~1000万円未満」、

「1200万~1500万円未満と1500万円以上」でも同様の関係なのでしょう。


2009/8/19 水曜日  |  カテゴリー:教育NEWS
このページの先頭へ