エール学院学習塾は完全1対1の個別指導です。

エールNEWS

お茶ノ水女子大学文教育学部 合格おめでとう!大宮櫛引校 清水 奏さん

お茶ノ水女子大学文教育学部 合格おめでとう!大宮櫛引校 清水 奏さん

お茶ノ水女子大学文教育学部に合格された大宮櫛引校の清水 奏さんにお話しをお聞きします。

--合格おめでとうございます!エールに入塾されたのは。

中3の夏です。中1中2は習い事のバレエで忙しく、中3の8月4日にバレエの発表会があって。

その2日後から、さいたま市の中学生の海外派遣事業でニュージーランドに1週間行き、

帰国後から勉強を始めるという、他の受験生から遅れたスタートだったんです。

--そうだったんですか。良い経験でしたが、ご心配もあったのでは。

単語だけしかわからないような状況だったので、充電器を借りるのも一苦労でした。

今でも日付を覚えているほど、対受験のスタートが遅いのを気にしていたんだと思います。

--志望校は決めていたんですか。

最初の目標は違っていたんですが、偏差値が上がってきたので蕨高校に変更しました。

内申では、留学や生徒会なども加点していただけたのかもしれません。

高校入学後

--高校に進学してからの部活動は。

バトン部に入部しました。活動内容はチアに近いです。

毎日活動があって、大会や他の部活の応援や、休日は無かったですが充実してました。

--勉強の状況はいかがでしたか。

中学生の頃は数学が苦手、社会が好きだったんです。

数Ⅰ数Ⅱは反復学習でなんとかこなせたものの、数A 数Bには苦労させられました。

一方、社会も暗記が追い付かなくなり、勉強のコツがつかめなくてつまずいてしまいました。

--エール学院では何を。

マンツーマンで週1回、数学を教わっていました。

他はすきま勉強で、通学時間に友達と問題を出し合ったりして工夫していました。

志望校については

--志望校はいつ頃イメージされましたか

学校の担任の先生に、夢を話したところ提案してくれて。

踊り、舞踏(※)を本格的に学べる環境はとても良いな、と思ったのですが

模試の評価がいつも良くなくて。

(※芸術・表現行動学科 舞踏教育学コース)

--実際にオープンキャンパスなどに行かれたのですか。

歴史のある学校なので、先生も学生の方もほこりを持っていらっしゃるように感じ、

圧倒されました。

--センター試験はいかがでしたか。

結局直前まで模試は良くなかったんです。

エールの先生に苦労かけてしまった数A数Bも難しくて、あまり点数は取れなかったんです。

ですが、現文や漢文古文ができたので、そこが功を奏したと思います。

--二次試験は。

国語・英語・実技でした。

倍率も高かったので、実技も自信はありませんでした。

合格発表はこわくて、落ちている気しかしなくて、なかなかwebを見られませんでした。

エールが役立ったこと

--エールは清水さんのお役に立ちましたか。

いつ行っても暖かく迎えてくれるので、落ち着けました。

受験や進路の相談も良くしていたし、いろんな話につきあってもらえました。

勉強の仕方がわからない時には繰り返し相談したり。

中学校高校と通して目を掛けてくれた人は他にいません。

--ありがとうございます。大学でのご活躍を期待しています!

 

 

 

 

 

 

 

 


2017/4/17 月曜日  |  カテゴリー:大宮櫛引校, 生徒の声・体験談
タグ:, , , ,
このページの先頭へ