エール学院学習塾は完全1対1の個別指導です。

エールNEWS

学習院大学文学部史学科合格!北本校 篠原 智さん

学習院大学文学部史学科合格!北本校 篠原 智さん

北本校篠原さんWEB

--学習院大学文学部史学科 合格おめでとうございます。入塾時期ときっかけを教えてください。

最初の入塾は中学2年の春です。数学でつまずいて、これは大変だ、と塾を探し友達の評判でエールを選びました。自分でも塾に行くなら1対1が良いな、と思っていたので。

--入塾してみていかがでしたか。

個別の先生は優しくて話しやすくて、何でも聞いてくれる先生でした。数学と英語を教わって、成績は上がりました。

--高校受験に対しては。

中3の時に受験特訓もプラスして受講しました。ずいぶん成績も伸びましたね。受験した本庄東高校は、部活(野球)も勉強も大切にできる理想的な高校。野球部は3年間続けることができました。特進で合格したのですが、進級時に特進選抜クラスにクラス分けしていただきました。

--部活は続けられたのですね。

高校の勉強は大変で、両立は大変でした。通塾する時間が無く、エールは高1の時に一旦退塾しました。帰宅が10:30過ぎるので就寝が12:00過ぎ、それでも朝練のため5:30頃には家を出る生活でした。3年の7月に引退し、受験を見据えてエールに戻りました。

--大学受験の対策は。

一般受験で準備しようと、夏からは必死に勉強しました。部活を続けていたから、という理由で負けたくないという気持ちが強かったんです。夏休み明けの9月1日、指定校推薦の大学が発表になり、そこに志望校の学習院大学文学部史学科がありました。今年から指定校になったということで、応募してみました。

--部活を続けていても、指定校に応募できるほどの内申を保つ。どんな努力がありましたか。

一般の生徒のように、自宅の机での学習はほとんどできませんでした。電車に乗っている40分間や、学校の休み時間など、スキマを使って勉強しました。

--エールはお役に立ちましたか。

高校生の頃、よく相談に来ました。校長先生は中学生の頃からずっとサポートしてくれたので、高校の先生より信頼してました。

--アドバイスをお願いします。

勉強を続けるには、常に自分の中で負けない気持ちを持っていること。選抜クラスのみんなはよく勉強していたので、電車で眠くても勉強しなければ、と思う。努力の継続です。


2016/4/9 土曜日  |  カテゴリー:生徒の声・体験談
タグ:, , , , ,
このページの先頭へ