筑波大学合格おめでとう!籠原校 黒澤さん

筑波大学合格おめでとう!籠原校 黒澤さん

筑波大学 医学群 看護学類に推薦入試で進学が決まった、籠原校の黒澤南美さんにお話しをお聞きします。

籠原黒澤さんweb

 

--おめでとうございます!

  黒澤さんはいつ頃からエールに入塾されたのですか?

黒澤さん:それが、最初に検討したのは高校1年の終わり頃だったんです。

成績がまずくなってしまって、本庄東は成績でクラス替えがあるのですが、

このままでは今のクラスに残れない!と、エールを訪ねました。

--そこで入塾されたのですか?

黒澤さん:そのピンチは回避できたので、そのままになってしまったのですが、

2年生の終わり頃に、今度は受験を意識して入塾しました。

他に有名な予備校も体験を受けてみたものの、やっぱりエールが良かったんです。

--ありがとうございます。エールはお役に立ちましたか?

黒澤さん:はい、それは。個別の先生には、わかったふりをしていても見抜かれてしまうんですね。

隣で、様子で わかるんでしょう。で、もう1回説明してもらえる、という阿吽の呼吸のような感じがありました。

エールでの勉強

--エールではどんな勉強を?

黒澤さん:国語は、現文なら背景知識をよく考察するよう言われました。

文章の読み方の基本から教えてもらって、順接・逆接をチェックしながら読む方法が身に付きました。

英語は、やはり長文読解の文章の読み方を教わりました。単語を覚える時は、派生を考えるとか。

--自習もなさいましたか?

黒澤さん:はい、エールでもよく自習しましたし、休日には図書館も使いました。

高3になってからは、平日3時間くらいは勉強するようにしました。

志望校の決定

--筑波大学を目指したのはいつからですか?

黒澤さん:1年から群馬大学を考えていたんです。評定が3.8あれば出願できるので。

ふと、高3の夏に筑波のオープンキャンパスに行ってみたら、学生さんが楽しそうで

とても雰囲気が良かったんです。

筑波は4.3以上ないと出願できないのですが、ラッキーなことに評定が大丈夫でした。

--看護をお考えになったのは?

黒澤さん:母が看護の仕事に携わっていて、中学1年の頃から考えていました。

後輩のみなさんへのアドバイス

--後輩のみなさんに、何かアドバイスはありますか?

黒澤さん:アドバイスという訳ではないのですが、筑波大学の推薦入試の過去問をやっていて、いざ試験日となったら、記述の小論文形式になっていたんです。ノーマークだったので、動揺してしまいました。過去問の傾向が変わることもあるので、柔軟に対応してほしいです。

--面接の練習なんかもされたのですか?

黒澤さん:学校でもエールでも練習して臨みました。

--ありがとうございました。大学生になっても頑張ってくださいね。

黒澤さん:家を離れ、大学の寮に入るので、大学生活を楽しみにしています。